東大生の就活

メインイメージ

東大ブランドは就活にどこまで役に立つ?

画像
日本の学問の最高峰、東京大学。

大学受験を控えている中学生や高校生にとっては、やはり憧れの存在であろう。

東大なんて入れるわけない、苦労して勉強してまで受験しようなんて思わない。

大抵の人がそう思うであろうが、一方で周りに東大を受験するという同級生がいれば、やはり「あいつ、すごいな」と内心思わずにはいられない。

一方、すでに大学を卒業して働いている社会人にとって、東大ブランドというのはどのように受け止められているのだろうか?

学歴なんて社会人になったら関係ない、とはよく聞く話ではあるが、本当に関係ないのだろうか?

それならなぜ、学生たちは大学受験を志し、また企業は採用時に「大学卒以上」といった制限を設けるのか?

学歴が関係ないのなら、大卒以上なんていう制限も不要なはすなのに、多くの企業ではそうではない。

募集要項に明記していなくても、実はMARCH以上とか、日東駒専以上とか、そういうフィルターをかけている企業はゴマンとある。

それはつまり、学歴は関係ある、と言えないだろうか?

そして、関係あるのなら学歴のトップブランドである東大がやはり一番有利なのではないだろうか。

このサイトでは東大の就職や転職事情について管理人なりの私見を述べたいと思う。